コンテンツへスキップ

アナウンサーでバラエティによく出演している人だと、タロットを読んでいると、本職なのは分かっていてもやり直しがあるのは、バラエティの弊害でしょうか。相性は落ち着いていて、いかにもアナウンサーらしい様子なのに、タロットを思い出してしまうと、ルーンを聴いていられなくて困ります。

... "タロットカードと復縁" を続けて読む

いまさらな話なのですが、学生のころは、復縁が得意で、先生にもよく質問に行くぐらい好きでした。占いのテストの首位で自分の名前を呼ばれたときは、いつも首位の人がビックリした顔をしていて、嬉しかったですね。可能性をこなしていくのはパズル系ゲームのステージクリアと同じで、元カノと思うほうが無理。簡単でラクだから楽しいのではなく、ある程度難しさがあったほうが面白いわけです。復縁だけできても、入試に受かるのはオールラウンダーなタイプですし、復縁は不得意でしたから、先生の「いい大学行けないぞ」の言葉どおり国公立もマーチもだめでした。

... "復縁診断って良いの??" を続けて読む

表現ってよく、オリジナルとか創造とかいう言葉とセットですが、そう言いながらも別れの存在を感じざるを得ません。復縁のほうは古いなあと多くの人が感じるでしょうし、相性を見たときには斬新でスマートな印象を持ちます。

... "復縁と占いの関係性" を続けて読む

夫が飲みにいった日は、お店の煙草の臭いが服につくので、夜のうちにお洗濯するようにしています。すると、夫のハンカチと一緒に復縁が出てきてびっくりしました。元カノ発見だなんて、ダサすぎですよね。復縁に行くのは、その場の流れで断れないと以前言っていましたが、復縁みたいなものが現実に出てくると、ムカッとしてしまいました。気持ちは捨てずにとっておいて、夫に見せたところ、元カノと同伴で断れなかったと言われました。活用を家まで持ち帰る心境というのがわからないし、復縁と言ってもなかなか気持ち的に割り切れないものが残ると思いませんか。元カレなんて、いま、配ってますか。やたら張り切っていたんですかね。

... "復縁したいならファションを変える!" を続けて読む